REPORTレポート

case
12

「ひとつの食卓を囲む」親族同士の交流の場を作りたくて・・・

 

 

お互いのご両家の交流の場になれば・・・・

という想いから、結婚式を挙げようと動き出したお二人。

 

「初めまして」のゲスト同士も

気軽にお喋りを楽しめる、そんな交流の場、

お披露目の会にできれば嬉しい。

 

ゲストを笑顔にするためには、

まずは新郎新婦のお二人がリラックスすることが大事。

ブライズルームで新郎新婦が一緒に過ごせる時間も

いつもどおりの笑顔でリラックス。

お仕度が整ったら

外の空気をしっかり感じて深呼吸。

太陽の日差しもたっぷり浴びて準備万端!

 

 

 

お互いの姿をしっかり見て!

今日この日を一緒に迎えられたことに感謝。

 

気分も高まってきたら、

いよいよゲストをお出迎え、人前結婚式のスタート。

 

挙式は温かなゲストの気持ちがお二人にもすぐ届く距離感。

 

和やかに進められるなか、

印象的な場面は「証明書サイン」

 

ゲスト全員の方に新郎新婦が自ら歩み寄る。

お一人お一人と言葉を交わし、

感謝を伝え、結婚に賛同していただく。

人前結婚式の醍醐味がここにあり!

 

世界中どこに住んでいても、簡単に繋がれる時代。

そんな時代だからこそ、

声と声を掛け合い、手と手を重ね合い、

人の温もりを感じられる結婚式は貴重な一日なのだと思う。

 

皆さんからの直筆の署名と

激励の言葉を胸に、新郎新婦もしっかり署名。

二人の未来への第一歩が始まりました。

 

さあ、ここからはパーティーのスタート!

新郎新婦が各テーブルで乾杯したり、

食事を楽しんだり!

 

 

 

すぐ目の前のオープンキッチンから

出来上がったばかりの食事が届けられると、

会話も更に盛り上がる!

   

 

「ひとつの食卓を囲む」

家族であれば当たり前の風景かもしれないけれど、

当たり前のことを当たり前にすることが、

大事なことなのかもしれない。

こうして皆で食卓を囲んだ今日の日のことは、

大切な記憶としてずっとずっと残していきたい。

 

デザートはビュッフェスタイルにて

お好きなデザートをたっぷりと!

お腹も心も満足な時間となりました。

 

これから始まるお二人の家庭にも、

幸せな食卓が続きますように・・・

 

2019,November Tさん&Aさん

 

お客様からのお声

担当プランナーより

お打ち合わせの度に、
とても穏やかに丁寧にお話を進めて下さり
本当に有難うございました。

当日は各テーブルでそれぞれ会話や食事を楽しみ、
あっという間の時間でしたね!

お二人のお写真を見て、
笑顔に癒されています。
また、いつでも遊びにいらして下さいね。

どうか素敵な家庭を築いて下さい。
お幸せに☆